★清雅·生活★

bishikoori.exblog.jp
ブログトップ

日本の声優一覧?声優八卦一覧?

今天一大清早就被纯爱的各亲拉去看声优八卦。
原来这是在goo上的声优介绍,可是看内容才知道这根本就是八卦内容大公开,
或许说在日本这根本就算不上什么八卦?谁都知道的吗?
可是怎么会有什么类似于某男以前做过牛狼,某人家里开过什么店啦,某人喜欢眼镜娘,喜欢揉胸之类,某女是因为失恋才做这行之类的都有呢?竟然还写在了个人简介里真是窘……
这样看来我家广树的八卦在我查下来还真是算少的,原来广树想象岩田同志学习锻炼肌肉啊,呵呵,身体锻炼我是没有意见啦,可是别向某人学习RP和BT就可以了,不然本命和次本命都那么CI,谁吃得消啊?
另,我极不满意说广树是钾肥的跑腿儿!这是哪个狗嘴里吐不出象牙来的贼人嚼的舌根啊?

高橋広樹 経歴・人物:
·実家は精肉店だったが、2005年に閉店している。
·代表作は『HUNTER×HUNTER』(ヒソカ役)、『テニスの王子様』(菊丸英二役ほか)、『スクールランブル』シリーズ(播磨拳児役)、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』(城之内克也役)ほか。
·ラジオ『Radio ZERO-SUM』で、遠足のエピソードを語った際に「親に『マンガ肉を弁当に入れてくれ!』と言ったら、弁当箱にハムの丸焼きだけが、ドンと入って驚いた」と、発言をした。
·鈴村健一とは、デビュー作『マクロス7』での共演から、長い友達である。
·趣味は「筋肉を鍛えること」で、先輩声優である岩田光央が目標とするほど、凄い筋肉の持ち主である。
·雑誌では「イケメン声優」と書かれたりするが、『スクールランブル』シリーズの播磨拳児に代表されるような三枚目キャラも多く演じている。一般的な評価としては、三枚目役での芝居の評価の方が高い。
·ラジオ大阪のアニラジ『高田広ゆき ラヂヲシティホール』では、パーソナリティーを共に務めた甲斐田ゆきにいじられ放題だったが、数々のラジオに出演してきたせいか、最近はこなれた印象を受ける。ちなみに『ハンター×ハンターR』に投稿された替え歌で「甲斐田ゆきの部下は彼だけ」という歌詞があったが、部下というわけではないが、パシリはさせられているらしい。
地上波での放送が終了した後、Vステの携帯コンテンツで継続していたが、その人気は根強い事から、終了から1年近く経過した2006年秋の改編で地上波での放送が復活した。
·同じくラジオ大阪制作の『ハンター×ハンターR』にて竹内順子との仲を噂されたが「あっちにも選ぶ権利はあるしあたしにも選ぶ権利はある」といわれている。
同番組ではメインパーソナリティ二人の個性が強すぎるせいか高橋はほとんど話しに割って入れることが少なかった。




関智一 経歴・人物:
·2000年までは岩永哲哉と王子とお頭のイベントをやっていた。それ以降もドラマCDであるCafe吉祥寺でででも共演されている。
·あだ名は『チイチ』(智一の音読み)、『ちんちん』(山口勝平に呼ばれている)シモネタ王、『関さん』等。
·声優業の傍ら舞台も精力的にこなし、劇団「ヘロヘロQカムパニー」の座長である。
·若手で人気声優の一人であり、声域の広さから少年役から青年役まで実に様々な役をこなし、中でも主役(ヒーロー役)は福山潤・川澄綾子と並び、ドモン・カッシュをはじめ、数多く担当している。またその他担当キャラクターに『ONE PIECE』(ロブ・ルッチ)などのようなクールな悪役や『夢使い』(橘一)のようなヘタレな三枚目、『焼きたて!!ジャぱん』(ピエロ・ボルネーゼ)のようなコミカルな役、『ふたりはプリキュアシリーズ』(メップル)のような動物キャラ、『フルーツバスケット』(草摩夾)『のだめカンタービレ』(千秋真一)のような熱血系二枚目、『とっても!ラッキーマン』(天才マン)のような甘い声、盗賊などの悪党までこなす。またタフ-ガイなキャラも多く演じることがあり、加えて『ドラえもん』の新スネ夫役でも既存キャラと被らない声での演技を見せた程、役柄の開発能力は高い。近年は洋画吹き替えの仕事も多く、活躍の場も広い。
·川澄綾子や久川綾との共演作品が多い(久川綾の役とは会話をしていない作品もある)。
·誕生日は9月8日となっているが、実際は前日の9月7日に生まれている。しかし両親が「末広がりの八の方が良い」という事で、翌日の9月8日に役所へ出生届けを出した。
·演技力の高さから多くの女性ファンを持つ。また、デビュー当時より必殺技の雄叫びに定評があり、男性ファンからの支持も根強くある。
·山口勝平・高木渉と「さんにんのかい」と言う三人芝居のユニットを結成して活動している。
·かつては東京俳優生活協同組合に所属していた。
·『機動武闘伝Gガンダム』の主人公・ドモン・カッシュを演じていた時に、凄まじいまでの絶叫演技の連続で喉を潰してしまった。
·そのドモン役のオーディション当日の天気は雪で、帰り道で滑って転んでしまい、「これは完全に落ちたな」と落ち込んでいたが、後日合格の連絡を得て、晴れて人気シリーズの主役を獲得する。
·このドモン役での熱演は関の名を世に知らしめるターニングポイントともなったが、前述した様に喉を潰した事から演技の幅がデビュー時よりも狭まったという意見も出た時期があり、当の本人も苦悩していた事もあったと言われる。しかし、先のスネ夫の件に象徴される様に現在の若手・中堅所の男性声優では演技巧者の一人である。
·ガンダムシリーズのキャラクターはテレビシリーズ終了後も『スーパーロボット大戦シリーズ』や『SDガンダム GGENERATIONシリーズ』などのゲームで再演のオファーがかかる機会が比較的多く、最近では株式会社コスパのネットCMにもドモン役で出演している。しかし、如何せん時間が経過していた事もあり、最初は当時の感覚を取り戻すのに苦労したと言う。『Another Century's Episode 2』収録の際には実際に自分が思っていたトーンよりも実際は声が低かった事等をスタッフに指摘された様で、当時の自分のモノマネをする様な感覚も伴いつつ、最終的には当時のドモンの感覚を取り戻し、見事に演じ切った。
·『スーパーロボット大戦MX』の新録音台詞はそんな指摘を受ける前の収録であり、本来のドモンよりもかなり声が高いとの指摘もある。比較的原作放送時に近い『新スーパーロボット大戦』あるいは『スーパーロボット大戦F』当時に録られた声も同時に使用されている事から、新旧で些かギャップがある部分は否めない。
·実際、『Another Century's Episode 2』の声も大分高い。『機動戦士ガンダムSEED』のイザークの声とほぼ同じになってしまっている。『ガンダム無双』においてもほとんど高い声になってしまっており、やはり時間の経過によるものか、当時の低く厚みのある声を出すのは至難のようだ(しかし『ゾイドフューザーズ』のアルファ・リヒター役や『武装錬金』の火渡赤馬役などにおいては割合ドモンに近い低い声を実現している)。
·しかし演じている本人は、DVD化のおり宣伝ポスターのラフを描いたり、トイレにはキャラクターデザインを担当した逢坂浩司から貰ったドモンとレインの最終回後の絵を飾っているなどと語っており、Gガンダム及びドモンに対して未だに思い入れがあるようだ。本作で監督を務めた今川泰宏の関連作品にはその後も多数出演。『鉄人28号』には関刑事なる本人をモチーフにしたキャラクターで登場している。
·ガンダムシリーズではドモンの他に『機動戦士Vガンダム』でトマーシュ・マサリク、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズのイザーク・ジュールを演じる。トマーシュのガンブラスター、ドモンのシャイニングガンダム、ゴッドガンダム、そしてイザークのデュエルガンダムと、主役や準主役級の派手な役が続いた事もあり、模型雑誌の連載でも関は「四機のガンダムを乗り継いだ男」と自負する(だが、実際の所ガンブラスターは準ガンダム、「ガンダムもどき」にあたる)。本人はこの話を事ある事に長沢美樹(ガンダムとアムロのファンを公言する)に自慢していたが、昨今は一年戦争を舞台とした『機動戦士ガンダム MS IGLOO』にジオン軍の士官モニク・キャディラック役で出演した彼女に「一年戦争を戦ってない男に!」と切り捨てられている(だが、実はそれ以前に関、長沢ともに一年戦争を舞台としたゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に連邦軍側のキャラクターで出演している)。
·だが、「四機のガンダムを乗り継いだ男」もSEEDシリーズが『DESTINY』の放送を終える頃には、アスラン・ザラを演じた石田彰に同数で並ばれ、関俊彦には『新機動戦記ガンダムW』のデュオ・マックスウェル役から数えて『SEED』のラウ・ル・クルーゼ、レイ・ザ・バレルの乗機も含む計五機と、共演中に追い越されてしまった。余談ではあるが、この他にも飛田展男、子安武人も「ガンダム」あるいは「ガンダムもどき」に縁の多い声優として挙げられる。
·過去にテレビ番組のインタビューで語った所では、好きなモビルスーツは初代『グフ』。好きなキャラクターは『ブライト・ノア』。あのシャアをして「ブライトやるな!」と二度も言わしめた所がお気に入りらしい。
·近年ではガンダムばかりに留まらず『機動戦士ガンダムSEED』の続編に当たる『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ではザクにもグフにも「搭乗」した。また、デスティニーガンダムに対して、「他人の機体な感じがしない」という発言を残している。
·女性声優の長沢美樹とは19歳頃から4年ほど交際があったものの破局、現在では腐れ縁的な親友関係である。なお、長沢曰く「私と付き合ってた時も、別れてからも(関智一は)浮気ばかり!」とのこと。長沢の親に「娘を傷物にした」と言われたらしい。しかし、結構好きらしく、関に彼女が出来てはうるさく言っている。
·下ネタが好きで、ラジオ等で連発した。その差にファン等が非常に驚き、親交のあるあかほりさとるからも「外道」と言われている。同じく下ネタを連発する岩田光央から「あいつは下ネタ声優No.2だよ」と言われた(ちなみにNo.1は小野坂昌也、No.3は岩田光央)。
·子安武人とは共演する作品が多く、プライベートでも親交があるが、彼と作ったコントCD『VERSUS』では、自分が出演した『頭文字D』『キャプテン翼』のパロディコントをしている。余談ではあるが、そんな子安が『∀ガンダム』で演じたギム・ギンガナムの愛機ターンXはシャイニングガンダムの必殺技を引き継いで使用。子安の放った「なるほど、シャイニングフィンガーとはこう言うものか」の台詞は色々な意味でファンの心に驚きを与えた。
·当初は自動車運転免許を持っていなかったが、『頭文字D』の高橋啓介を演じた事を機に、触発されて運転免許を取得した(愛車をぶつけた事を、同作の中里毅の名セリフ(?)に引っ掛けて「板金○万円コースになってしまった」とトークイベントで語っている)。
·『ドラえもん』で新スネ夫役に決まった直後のイベントで、大勢の女性ファンの声援を受けている関を見て一部のマスコミが付けたあだ名は「声優界のヨン様」。実は関は、前シリーズで既にスネ夫の幼少時代役を演じた経験があり(映画『おばあちゃんの思い出』)、今回の抜擢にあたっては、スネ夫役向けに新しい声を開発し、関が演じた既存のキャラと被らない演技を見せている。一部報道で先代の肝付との不仲説が報じられたが、肝付は『TVブロス』誌での同じく先代ジャイアン役のたてかべ和也との対談記事で、それを明確に否定する趣旨の発言をしている(新幹線に乗車中でよく声が聞き取れず、「誰だって?」の「誰だって?」の部分だけ報道された)。そもそも、肝付はキャスト交代以前から関がパーソナリティを務める『智一・美樹のラジオビッグバン』の公開放送でゲストに招かれるほどの親しい関係であり、不仲説を報じた雑誌がきちんとした裏づけ調査をしたのかと疑問視する指摘もある。関と肝付は『超力戦隊オーレンジャー』や『燃えろ!!ロボコン』でも共演していた。
·元々スネ夫が好きだった関だが、リニューアル版『ドラえもん』のオーディションは、当初スネ夫役ではなくドラえもん役で参加オファーが届いていた。自分でもさすがにドラえもん役は無理だろうと思いつつオーディションに臨むが、そちらは落選。だが、後日開かれたスネ夫役のオーディションに参加し、見事スネ夫役を獲得した。またスネ夫以外にもスペシャル等における番組ナレーションも担当している。
·リニューアル前のドラえもんの映画おばあちゃんの思い出で幼いころのスネ夫役をやっているがリニューアル後のドラえもんでもおばあちゃんの思い出がリメイクされた時に幼いころのスネ夫役もやっているので、リニューアル前とリニューアル後で唯一同じ役をやっている。
現事務所・アトミックモンキーの看板俳優であり設立メンバーであるが、長沢美樹や杉田智和が所属している様に同事務所が関の個人事務所と言う訳ではない(一部で誤解されている向きがある)。
·声優業の傍らフィギュアメーカー海洋堂へ通いガレージキット製作を学んでいた。それが実を結び後に数量限定ではあるが関自ら原型を製作したフィギュアが販売された。模型専門雑誌『月刊モデルグラフィックス』誌とは『Gガンダム』放送当時より親密で、その後も長きに渡って連載ページをもっていた。コラム記事だけでなく、自身もモデラーとして多数の作品を発表している。関自身の原作による『コスモX』や、「長く続いてるシリーズの中で異端児的扱いされている様子が自分(=『Gガンダム』のドモン)には他人事に思えない」と言う事で、ウルトラマンレオのフィギュア等も自作した。また、何とマスターグレード・ゴッドガンダム発売の折には、ドモン=関自身がレビュー作例を担当するという模型雑誌史上に残る驚愕の展開へと発展した。現在も『電撃ホビーマガジン』にてコラム連載を継続中である。模型誌上では「関さま」と呼称される事が多い。
·業界屈指の仮面ライダーマニアとしても知られており、自身のCD『関智一の勝手に祝うライダー35周年!』では、歴代(1号ライダーから仮面ライダーZXまで)の関連曲の数々を熱唱。主題歌だけでなく、おやっさんのテーマ『俺は立花藤兵ェだ』などの挿入歌までをも網羅してカヴァーしており、さらにこのアルバムの為に滝和也(1号ライダーの名パートナー)のテーマ曲を新たに製作するほどである(作詞は関が担当)。さらに、自らの歴代ライダー(変身前)のコスプレ姿をジャケットにするという蛮勇を奮っている。
·特撮好きが講じ、自身が考案した実写ヒーロー作品『銀河ロイドコスモX』はビデオシリーズとして全三巻がリリースされている。本作品では原作だけでなく、関本人が十文字宙/コスモX役と主題歌を担当した。
·造型だけでなくイラストも得意とし、『衛星アニメ劇場』にゲスト出演の際は色紙に彩雲国物語の紫劉輝のカラーイラストを(本人いわく「徹夜して」)描いて持参するほどであった。
·『ケロロ軍曹』のアニメにて、影の架かったシャイニングガンダム(前述のドモンの乗機)が登場し、必殺技・シャイニングフィンガーを発動するシーンがあるが、このシーンでは、関本人がゲスト出演して技名を叫んでいる。この他にも『ニニンがシノブ伝』や『破邪巨星Gダンガイオー』等の出演作でも(スタッフ側の思い入れから)『Gガンダム』のパロディネタを演じさせられる機会が多い。
·自身のラジオ番組内で、過去に声優の三石琴乃に告白し、ふられた事があると告白した。
·自身の出演作以外のアニメはあまり見ない。理由は、「この役は自分がやりたかった。自分ならこうする」など、出演声優と自分の演技を比べて色々と考えてしまうため。
·子供のころ、ドラマのロケで近所に来ていた武田鉄矢を呼び捨てしてゲンコツを頂戴してしまったことがある(『ドラことば 心に響くドラえもん名言集』でのインタビューより)

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/20524/%C6%FC%CB%DC%A4%CE%C0%BC%CD%A5%B0%EC%CD%F7/detail.html?FRID=ranking
[PR]
by bishikoori | 2007-06-28 16:18 | 声優